teisyoku

伝統鍼灸一滴庵の加堂です。

よく患者様から食事の回数のことを聞かれます。「うちの子供は朝ごはんいつも食べないんです」「いつもお昼食べる暇が無くて食べないんですけどいいですか?」と言った質問ですね。

私はいつも「お腹空いていなかったら別に1食くらい抜いていいですよ」とお答えしています。

よく母親から「健康のために毎食しっかり食べないとあかんよ」とか「栄養をつけるためにはしっかり食べや」などと言われたことがあるかもしれません。私はよく言われていました。

ちなみに妻も朝をしっかり食べないと動けないタイプで、よく「朝飯前っていうけど、朝ご飯食べないと動きたくないよ」って言っています。

もちろん、食べたい人に食べちゃダメということはありません(あ、食べ過ぎている人には食べ過ぎちゃダメとはいいますけどね)。

一般的に現代日本人は食べ過ぎによる病が多いです。メタボリックシンドロームなどは典型例ですよね。ですので、逆に健康になるためには食事を取らないというのも一つの選択なんです。

コンビニに行くとカロリー表示をしている食べ物が多いですが、パンやおにぎりって高カロリーなんですよ。

そもそも胃腸が弱っている人は体力を回復させるための食事を受け付けないのですが、習慣で食べてしまうとより胃腸を弱らせてしまいます。

また精神的なストレスが強い時は食べ物が止まらないケースも有りますが、これはお腹がすいたという気持ちではなくてストレスを解消させたい欲求の代償行為ですので、もちろん胃腸を弱らせてしまいます。

ですので、1食くらい抜いても大丈夫です。というよりか、1日1食でもいいのでバランスよく食べる・よく噛んで食べるといった基本のことをしていただくほうが重要ですよ。

大阪市北区南森町駅すぐ伝統鍼灸一滴庵