阪神・淡路大地震から20年が経ちました。

当時私は中学3年生で、大阪市内に住んでいたため直接大きな被害は免れましたが、それでもあの時は、下のリビングからは食器棚から飛び出した食器の割れる音、隣の部屋から聞こえる妹の悲鳴、助けに行こうとしても揺れで立ち上がることすらできない足、すべてが未だ鮮明に思い出されます。

あれから20年。今では震災を知らない子供も成人式を迎えました。東日本大震災と同様に伝え続けることで、地震の怖さ、地震が起こった時の行動を身につけていく必要がありますね。

これから生まれてくる子たちのためにも。