神農祭

皆様の無病息災を祈願して神農祭に行ってきました。

この神農祭の神農は中国の薬学の神様でして、いわゆる漢方などに使われている生薬を発見して分類した神様と言われています。

その神様が日本の薬学の神様である少彦名神と一緒に祀られているのが大阪市中央区道修町にある少彦名神社なのですね。

道修町は昔から薬屋さんが多く、薬の神様が必然的に祀られることになったわけです。

ちなみに写真の笹ですが、笹に張り子の虎がくっついています。これが神農祭のシンボルにもなっていますが、なぜ張り子の虎なのでしょうか。

実は江戸時代にコレラ(虎狼痢と昔は言っていました)が流行った時に虎頭殺鬼雄黄圓という丸薬を配布したことから由来になっているのです。張り子の虎が見張ってコレラ菌が家の中に入らないようにということですね。

ちなみに鬼門の方角に関係する十二支は丑と寅です。そのような意味合いからも虎というのは魔除けに使われたのでしょう。

当院の簡易神棚に納めていますのでまた1年間患者様の健康を守っていただけると思います。

もちろん、一滴庵も皆様の健康を守れるように治療していきますのでよろしくお願い致します。

大阪市北区南森町駅すぐ 伝統鍼灸一滴庵