最近、自己責任論というのが流行っています。

ちなみに、治療家の間でもこういう話というのがあるのですが、「治らないのは誰のせいか。それはあなたのせいなんだ」という論調ですね。

誤解をされるかもしれませんが、これは概ね当たっています。

よく、漢方クリニックの名誉院長が初診の時点で「病気を治すのは誰ですか~? 病気を治すのはあなただよ~」と仰っていました。

まさしくその通りで、僕たちは治すお手伝いをしているだけであって、治すのは患者さん自身なのです。

そういう意味では自己責任。

 

ただ、これを言い訳にする治療家サイドの問題も実はあったりします。

「あなたが治らないのは僕のせいではない、あなたが治す気がないからだ」

これを治療家サイドが言い訳にしてしまう時点で僕はその患者さんを診る資格がないと思っています。

治療家であるならば治す気を奮起させたり、治るんだという気持ちを与えれるような治療をしなければいけない。

ここを無視して自己責任論を終始してはいけない。

 

患者さんが以前にある治療院で言われた

「治らないのはあなたのせい」

この言葉がどれだけこの患者さんにとってショックだったか、そしてこの言葉がどれだけ呪縛になっているか患者さんとメールのやり取りをしていて感じる出来事でした。