月に一回傷寒論の勉強会をしています。

あらためて読み返す傷寒論。人に説明するためには勉強しなければいけないので色々な解釈を紐解きますが、また新たな世界観が広がり、臨床でも使えそうな内容を思いついたり、中々味わい深いものです。

誰かに教えるというのは本当に自分の勉強になりますね。

 

大阪市北区南森町駅すぐ 伝統鍼灸一滴庵