春というのは何かと慌ただしい物で、私も携帯や治療院の鍵を家に忘れて慌てて取りに帰ったり(これはそそっかしいだけとも言いますが)、バタバタして気持ちも落ち着かない状態になりやすいです。

そのため、より気が昂ぶりやすくなるわけですね。

そもそも春は肝木の季節です。つまり木がぐんぐん伸びる時期なわけです。

体の中もぐんぐん成長をする時期ですが、その反面、浮ついてしまいやすくなります。

ですので、しっかりと余裕をもってゆとりを取ることで足元の根っこをしっかりと生やし、より成長をしやすい環境つくりができるようになるわけです。

ポカミスや忘れ物、なんだか浮ついた気分が取れない時はゆっくり深呼吸をして、早起きをして準備に勤しんで下さい。また違った景色が見えるかもしれませんよ。

大阪市北区南森町駅すぐ 伝統鍼灸一滴庵