写真 2015-05-28 12 40 19

あたり前田のクラッカーではありません(古!)

当院では繊細なツボに鍼をするときはこの前田豊吉商店の鍼を使用します。

この鍼の特徴は仕上げを1本1本丁寧に手作業で行っている大変貴重な鍼になります。最近では後継者問題でこの作り方をする鍼メーカーさんが徐々に減ってきているとのことで残念で仕方ありません。

このように貴重な鍼なのでもちろん鍼の単価も高くなります。で、高い鍼だから治療効果が抜群に良くなるかですが・・・。

実は、自分の腕に合った鍼というものが存在します。これはどの商売道具でも一緒だと思います。

例えばよく年末の格付け番組で出てくるバイオリン、ストラディバリウス。これを僕がいくら引いたとしてもただの雑音にしかなりません。

バイオリンを習い始めてしばらくした人でも音色が変わることはあまりないでしょう。

でも、プロが演奏すると格段に変わります(変わっているらしいです。私は格付けで当てたためしがありませんが(笑))。

鍼も一緒で高い鍼を使ったとしてもその鍼を使いこなす技術がなければ話になりません。また、この鍼が合うツボ、合わないツボもその技術の段階で出てきます(ツボに適した鍼というものがあるわけです)。

ですので、もし普段の鍼だったとしても「あれ?高い鍼ちゃうやん。手を抜いてるの?」とは思わず、「あー、このツボには高い鍼が合わなかったのね」と思っていただければ幸いです。

で、この前田の鍼ですが、受けてもらった感想では「すごく繊細で気持ちいい」という評価です。

是非ともこの繊細な鍼を体験してみてください。(ツボの状態によりますが(笑))