先日不妊鍼灸のセミナーに行ってきました。当院は不妊治療専門でやっているわけではないですが、やはり患者様の中には不妊治療を求めて来院されるかたもおられます。ですので、時折こうやって情報を入れておく必要があるわけですね。

不妊治療とセックスレスの問題

で、その中で一つの問題として不妊治療の段階が進むにつれてセックスレスが深刻化してくることがあるという。もちろん、人工授精、体外受精をするようになると必ずしも子供を産むためにセックスをする必要はなくなってきます。

そうなると、今までタイミングで行っていたセックスによってセックス自体が煩わしいものになってくることも出てきます。(特に男性に多いです)

それが人工授精や体外受精によってその行為から開放されるとなると、やはり煩わしいことから目を逸らしたくなるわけで、また、仕事があって忙しい人になるとなおさらセックスをしなくていいものと認識してしまいます。

このセックスをしなくていいものという考え、10代の頃には思いもよらなかったですが、30も半ばになるとなんとなく共感出来る部分があるから困ったものです(笑)

そう、年齢を重ねるにつれてもやはり体力をつかうセックスが面倒になるということもありますね。

ただ、実は妊娠というのは不思議なもので人工授精や体外受精をやめた途端に子供を授かったり、二人の愛が盛り上がってタイミングを外して行ったセックスで子供を授かるケースなどは多々あります。

つまり、人工授精や体外受精以外でもチャンスはあるわけですし、セックスを行うことでそのチャンスが増えるわけです。また、精子も排出されることで新しい精子が作られるために活動的な精子になりやすいという側面もあります。

でも、しばらくご無沙汰だったのに中々セックスしましょうと誘いにくいですね。

ということで、まずはハグからしてみてはいかがでしょうか

寝る時にパートナーをそっとハグする。最初は「いきなりどうしたん?」とビックリされるかもしれません。でも、続けていくうちにスキンシップの回数が増えるとまた盛り上がるチャンスが増えるわけで、そうなるとセックスレス解消のチャンスもでてくるわけです。

行為そのものが好きではないという方もいるかもしれません。だからといって肌の触れ合うチャンスを減らすのはもったいないですよ。

そうやってチャンスを増やしていき、また鍼灸治療を併用することで卵子の質の向上や基礎体温の安定、精神的なリラックス効果を加える事で妊娠する可能性を少しでも増やしていきましょう。

ハグする上で注意すること

ただし、暑い日にはエアコンを入れて少し涼しくしてからハグを行ってくださいね。

なぜなら先日妻がハグをしてきたのですが、「暑い! 寝苦しい」と言って振りほどいてしまっちゃいましたので(汗)

私自身も反省です(笑)

 

大阪市北区南森町駅すぐ 伝統鍼灸一滴庵